挨拶状ドットコムの年賀状は宛名印刷無料の業者としては最強!

挨拶状ドットコム推しの私のサイト

*

機械で出来ること(宛名書き)は任せ、他をカバー。それがうちの年賀状スタイル

   

全部、手書きでした…以前は。
我が家は毎年、500円くらいの年賀状ソフトを買ってきて、シコシコと年賀状作成していました。

宛名くらいは手書きで、という妻の言葉に抗えず、筆で一枚一枚それなりに心をこめて書いていました。
が、子供ができ、仕事関係で出し方も増えた数年前から『手書きは無理』という結論になりました。

全てをパソコンでやる後ろめたさもあります。
しかし、暮れも押し迫り、『おい、早く出さないと年明けになっちまうよ』という毎年恒例のやりとりを、
性懲りもなく繰り返す我が家にとりましては、選択の余地はありません。

目上の方、結構な年配の方たちも、すでにして手書きの宛名書きは少数、という現実も自分達の決断を後押ししました。

【我が家の年賀状スタイル】
出来ることは機械に任せたらいい。
それよりも、たとえ一言でも『お元気ですか?』くらいは書き添える。
書き添える一言二言のために、神経を遣い時間を使う事にする。

それが、我が家の年賀状スタイルです。

(カノープス/男性/42歳)

 - 宛名書き、どうしてる?